流産

流産

妊娠初期に、胎嚢が大きくならず、出血が始まることがあります。また出血はなく、胎嚢が大きくならないまま時間がすぎていくこともあります。どちらも流産と言われます。
100人中15人ほどに起こります。しかし気づかない流産をふくめると100人中50人に流産が起きていると言われることもあります。

古来、種々の治療法が考えられてきましたが、決定的な治療法は現在まで発見されていません。流産とは幼い命の死亡と言えます。
死を回避する手段がないことを考えると、流産を回避することは死を回避することと同じですから、自然界の法則として受け止めるしかないと思われます。そうだとわかっていても、おきてしまった流産のとりかえしはつかないので、その悲しみは大きいのです。2回以上の流産がおきるときには習慣性流産と言われます。治療法が研究され、実地にも行なわれています。

複数回の流産がおきるときには習慣性流産と言われます。治療法が研究され、実地にも行なわれています。

おきてしまった流産のとりかえしはつかないので、その悲しみは大きなものです。

診療案内一覧

アクセス方法

お問い合わせ